お風呂場のお掃除方法

今回は何度綺麗にしてもすぐに汚れが目立ってしまう、お風呂場のお掃除方法をご紹介致します。

お風呂場の掃除方法

ビル
お風呂場の汚れは大きく分けて、カビ汚れ、ぬめり汚れ、湯垢の汚れの3つになります。
それぞれに適した掃除方法をする事で、綺麗になるだけでなく汚れにくいお風呂場にする事ができます。
共通しているのはカビや黒ずみ等の頑固な汚れを、カビ取り剤で取るという事です。
カビ取り剤を使用する時は必ず換気をしてください。

まずカビ汚れの掃除方法をご紹介します。
用意する物はカビ取り剤、ゴム手袋、マスク、メガネの4つです。
カビ部分をキッチンペーパーなどで覆い、上からカビ取り剤を吹き付け、5分程度放置しておきます。
時間が経ったらキッチンペーパーを剥がし、しっかりと水で洗い流します。
自分の視線よりも高い所では、カビ取り剤をスポンジや雑巾を吹き付け、カビの部分を擦ります。その後少し置いたら水で洗い流しましょう。
以上の方法で落とせなかった、床に多く見られる黒ズミ汚れ等には酸性洗剤を使ってください。

ぬめり汚れにもカビ取り剤が使えます。
汚れにスプレーし、数分置いてから水で流しましょう。
また発生しやすいピンク汚れには除菌効果のあるお風呂用洗剤を使うといいでしょう。
このお風呂用洗剤は除菌効果により、ぬめりの発生を抑制する効果もあります。
洗剤をスプレーし、スポンジで汚れを擦り落とした後流しましょう。

湯垢は皮脂、石けんカス、埃等の汚れが結合したものです。
乾いてしまうと頑固な汚れになるので、毎日洗剤を使って掃除しましょう。
浴室用洗剤を直接スプレーし、そのまま2〜3分置いてシャワーで洗い流すだけでオッケーです。
ヘアピン等を浴室においていて発生した錆等を、もらいさびと言います。
これらはスポンジにクリームクレンザーをつけ、水に触れないように気をつけながら汚れを擦っていきます。
拭き終わったらクレンザーをしっかりと落としましょう。

お風呂場を綺麗に保つ為のポイントとして、まだ濡れているうちに汚れを落とす事、入浴後に充分な換気をする事が挙げられます。
お風呂に入った後にサッと洗い流すクセをつけるだけでも、頑固な汚れの発生を防げます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る