ビルメンテナンス業界分析

<ビルメンテナンス業界分析>

ビルメンテナンス業界の分析をしてみました!!

東京圏と近畿圏の2地域で全体の5割を超える都市型産業になります。

資本金2千万円未満、従業員数100名以下の小企業企業が5割を超え、業界トップ企業のシェアは数%未満になります。

人件費関連費用が総費用に占める割合の高い労働集約型産業です。また、従業員はパートタイマーや臨時アルバイトなど非正規割合が高いです。

厳しい経済情勢の影響でビルオーナー等の顧客のコスト意識が高まり、受注単価の下落傾向が続いています。また団塊世代の大量定年によるオフィス人口の減少予測などがあり、景気回復後も市場と需要環境の著しい好転は見込めないとされています。

なかなか厳しい様ですね。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る