ハウスクリーニング業界

<ハウスクリーニング業界市場規模>

ハウスクリーニンング業界の市場規模を調べてみました!!

○市場動向

・ 市場規模:約900億円 ※1
・ 事業所数:約8,200事業所 ※2
※1 出所:富士グローバルネットワーク(株)「20007年度サービス産業要覧」、時点:平成18年
※2 出所:NTTタウンページデータ、時点:平成20年9月
・ 市場規模は拡大が続いており、平成21年には1,000億円程度までの拡大が見込まれている。

 

○ビジネスモデル

◇ ハウスクリーニング業のサービスは、不動産事業者が取り扱う戸建て、マンション、アパート等の空室を対象として清掃を行うものと、一般在宅家庭を対象として、家屋の一部又は全部、あるいはエアコンやレンジフードなど特定の設備機器の清掃を行うものなどがある。
◇ 清掃の実施に専門的な知識や技術が必要な専門的清掃と、家庭等における日常的な清掃を行うものとがある。
◇ 主な顧客は、従来はマンション等の空き室サービスが中心であったが、近年の中心は在宅向けで、子育てが忙しい共働き家庭、高齢世帯、単身者世帯などをターゲットとしている。
◇ サービススタッフは、繁閑の差が大きいことや人件費の抑制などのため、パート、アルバイトが多くなる傾向がある。
◇ 料金体系としては、1時間当たりの料金を規定する形式と、部屋の種類・広さ等で規定する形式。
◇ コストは、人件費のウエイトが高く、事務所や車両費、クリーニングのための機材・洗剤等の比率は低い。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る